法律・裁判一般

法律・裁判一般
パーキング・メーターの300円の未納は、駐車監視員は取り締まれない?

前回は、パーキング・メーターの使用方法と違反(罰則)について説明しました。 その中で「未納のまま59分停め続けた車は摘発されない一方で、ちゃんと300円を払って停めた車が制限時間を1分過ぎただけで摘発された」といった話を […]

続きを読む
法律・裁判一般
パーキング・メーターの300円は何のお金? 払わないとどうなる?

以前、雑談の中で「パーキング・メーターの300円は何のお金なのか?」という話をしたことがあります。 具体的には「メーター前の白枠に車を停めて3、4分の間に人を降ろし、すぐ出発した。メーターには『未納』のランプがついたもの […]

続きを読む
法律・裁判一般
タワマン節税訴訟、最高裁判決について 通達6項の適用基準は不明確なまま?

不動産の路線価などと実勢価額の差を利用した相続税の節税対策の是非が争われた件について、4月19日、最高裁の判決が言い渡されました。 結論は納税者(相続人)側の敗訴。 本件では評価通達による路線価などではなく鑑定による実勢 […]

続きを読む
法律・裁判一般
タワマン節税訴訟、最高裁では何が判断されるのか【後編】2審の判断・上告審での争点・見どころ

前回の記事では、本件の背景となる不動産節税の原理や通達6項について解説しました。 後編となる今回は、2審での結論、最高裁(上告審)での争点のほか、4月19日に言い渡される判決のどの部分に着目すべきか、その見どころを考えて […]

続きを読む
法律・裁判一般
タワマン節税訴訟、最高裁では何が判断されるのか【前編】不動産を用いた「節税」・通達6項とは

相続税対策として「タワマン節税」などと呼ばれる節税手法の是非が、訴訟で争われています。 この節税方法は、本人が亡くなる直前に高額の不動産を購入し、亡くなった後に相続人がその不動産を売却するというもの。相続税の計算にあたっ […]

続きを読む