弁護士 関口 郷思(関口法律事務所)

    no image

    法務一般

    【民事編】司法を語る上で頭に入れておくとよい数字(司法統計)

    2021/7/17  

    日本では年間に何件の訴訟が起きているでしょうか。 そのうち、何割が和解で終わるのか、あるいは判決言渡しとなるのか。訴訟が終わるまでにかかる期間は何か月くらいか。 これらの数値は、弁護士であれば経験から ...

    不動産取引

    心理的瑕疵に関する不動産業者の告知・説明義務(国交省ガイドライン案を読む際の注意点)

    2021/6/16  

    5月20日、国土交通省から「宅地建物取引業者による人の死に関する心理的瑕疵の取扱いに関するガイドライン」というガイドラインの案(以下「ガイドライン案」)が発表されました。 現在、国交省がパブコメを募集 ...

    不動産登記 企業法務

    訴える相手方が死亡し、相続人がいない場合の訴訟や強制執行手続について(相続財産管理人・特別代理人)

    2021/2/23  

    訴えようとした相手がすでに亡くなっており、しかも相続人がいない――こんな時はどうすればよいのでしょうか。 相手名義の不動産に関する紛争がある場合や、相手名義の不動産に強制執行をしたい場合であっても、当 ...

    企業法務 法務一般

    ハンコ(押印)の法的効力(4/4・最終回) ハンコはなくならない? ただし不要なハンコはなくすべし

    2020/11/26    

    このシリーズの第1回から第3回では、契約書の意味、(契約書への)署名や押印の意味、紙の契約書に代わる方法について見てきました。 では、この先ハンコ(押印文化)はなくなるのでしょうか。 あるいは減らすこ ...

    企業法務 法務一般

    ハンコ(押印)の法的効力(3/4) ハンコに代わる契約方法

    2020/11/19    

    前回の説明では、契約書に署名や押印がある場合には民事訴訟法において特別な扱いがされているものの、その実益は、思ったより少ないということでした。 そうすると、契約をするに際して署名や押印はなくても問題な ...

    企業法務 法務一般

    ハンコ(押印)の法的効力(2/4) ハンコのある書面は法律上特別扱いされる?

    2020/11/14    

    前回の記事では、契約書の有無や押印の有無によって契約の法的効力には変わりがないことを説明しました。 では、押印は法的には全く意味のないことなのか、と思いきや実はそうではないのです。 署名や押印ががある ...

    no image

    法務一般

    執行猶予中の再犯② 罰金刑の場合に執行猶予が取り消される割合は低い?

    2020/8/26  

    前の記事では、執行猶予中の犯罪により懲役刑・禁錮刑を科される場合に執行猶予が取り消される割合について説明しました。 では、同じく執行猶予中の犯罪により罰金刑を科される場合はどうでしょうか。 あわせて、 ...

    不動産の管理

    隣地のがけや斜面が崩落しそうな場合、擁壁の設置や改修を求めることができるか

    2020/8/21  

    大雨の後などで、隣地との境にあるがけが土砂崩れを起こしやすくなることがあります。 当然、崩落を防止するための処置をすぐに行わなければなりません。 もっとも、そのがけが自分側の所有なら問題ありませんが、 ...

    no image

    法務一般

    執行猶予中の再犯① 再度の執行猶予を得られるのは5%程度? 統計からみた割合について

    2020/8/18  

    執行猶予付きの刑を科された後、その執行猶予期間中に再び犯罪を行い懲役刑や禁錮刑を科される場合、原則としてその執行猶予は取り消されます。 ただし、一定の場合には、例外的にもう一度執行猶予が付くことがあり ...

    no image

    法務一般

    【ニュースの解説】逸失利益の定期金賠償(定期払)とは? 最高裁では何が認められたのか。

    2020/7/16  

    交通事故で後遺障害を負った場合、逸失利益(後遺障害により得られなくなった収入)に関する賠償金を、一括払いではなく毎月の定期払いにより受け取ることができる、との判決が7月9日に最高裁で言い渡されました。 ...

    © 2021 関口法律事務所