法務一般

no image

企業法務 法務一般

行方不明の相手に訴訟を起こすには? 公示送達について

2017/11/28  

相手方に対し、訴訟の提起や強制執行の申立てなど何らかの裁判上の申立てを行う場合には、相手方の住所を特定しなければなりません。 なぜなら、裁判手続を進めるためには、裁判所から相手方に訴状や決定書などを送 ...

no image

企業法務 法務一般

あなたの契約書は大丈夫?④ 契約書に入れるべき条項について

2017/11/23  

前回までに、契約書の体裁、記載方法や記載内容について説明しました。 今回は、契約書にどんな条項を入れるべきかについて説明します。 ただし、ここで説明するのはあくまで契約一般に共通する点です。 契約の類 ...

企業法務 法務一般

契約書における法令用語の使い方:「または」「もしくは」の違い、「その他」「その他の」の違いが分かりますか?

2018/10/3  

法令を読んだり契約書の条文を書いたりする際には、法令用語の使い方に気を付けなければなりません。 もちろん、一般的な日本語の使い方を知っていれば、多くの場合は問題ありません。 しかし、法律業界には一部独 ...

no image

企業法務 法務一般

あなたの契約書は大丈夫?③ 条文の記載内容、書き方について

2018/10/3  

今回から、契約書の内容についてみていきます。 といっても、まずは条文の書き方や体裁についてです。 条文には何を書く必要があるのか、またその書き方についてです。 どのような条文を契約に入れるべきかについ ...

no image

企業法務 法務一般

あなたの契約書は大丈夫?② 構造・体裁について

2017/11/8  

前回の記事(あなたの契約書は大丈夫?① 割印・消印・契印の押し方について)では主に割印・消印・契印の違いや押し方などが中心でした。 今回は、契約書全体の構造や、条文の構造・体裁など(相変わらず細かい点 ...

企業法務 法務一般

あなたの契約書は大丈夫?① 割印・消印・契印の違いと、それぞれの押し方について

2020/2/4  

「正しい契約書の作り方を教えてほしい」というご相談は多くあります。 日常業務の中では、何らかのフォーマットを利用しながら自己流で作成している方が多いようですが、自分で作成しながらも「本当にこれでいいの ...

不動産取引 法務一般

【借家】 建物利用権の種類 土地と違いそんなに種類はありません

2017/10/27  

前回は土地の利用権についてでしたが、今回は建物の利用権についてです。 土地の場合と異なり、建物の賃貸借の場合にはほぼ借地借家法が適用されます。 建物賃借権・借家権(借地借家法・旧借家法) 建物の賃貸借 ...

不動産取引 法務一般

【借地】 土地利用権の種類 借地権以外にもいろいろあります

2017/10/27  

土地の利用権といえば、まずは借地権を思い浮かべることと思います。 しかし、法律で定める土地の利用権としては、借地権はむしろ例外的です。実は、借地権以外にも様々な種類の利用権があります。 今回は、借地権 ...

企業法務 法務一般

収入印紙を貼っていない契約書でも有効?

2017/10/18  

契約書や領収書など、一定の文書には収入印紙を貼らなければならないとされています。 では、契約書を作成したものの、何らかの事情で印紙を貼らなかった場合には、その契約の効力はどうなるのでしょうか。 契約は ...

不動産取引 法務一般

財産分与における家・マンションの扱い ~負債は財産分与の対象になりません

2017/4/3  

離婚時の財産分与の話合いでもめることが多いのが、不動産の扱いです。 財産分与では多くの場合、単純に「財産を1/2ずつ分ける」と考えて差し支えないのですが、不動産が含まれる場合は、住宅ローンをどう考える ...

Copyright© 関口法律事務所 , 2020 All Rights Reserved.