「建築」 一覧

不動産の管理 建築

建物やブロック塀などが共有物であった場合の、賠償責任(土地工作物責任)の負担や、対応策について

2018/6/21  

建物やブロック塀などの建築物が倒壊し、第三者に損害を与えた場合には、既に何度も紹介しているとおり、所有者は、過失がなくとも損害賠償責任を負うことになります(土地工作物責任)。 では、これらの建築物が共 ...

不動産の管理 建築

ブロック塀の危険性や、倒壊した場合の責任について

2018/6/20  

18日に大阪で起きた地震では、倒壊したブロック塀の下敷きになり通行人が亡くなるという事故が、またしても起きてしまいました。 2016年の熊本地震の際にも注目されましたが、現存している古いブロック塀は、 ...

建築

建設工事中の事故で、周囲に被害が発生。賠償責任は誰が負うの? 引渡し後だったら?

2018/4/9  

建設工事において、工事中の事故によって第三者に損害が生じてしまった場合には、その損害賠償責任は誰が負うのでしょうか。 法律上は、工事業者が責任を負うことになっているのですが、実は、例外的に発注者(施主 ...

交渉・説得 建築

クレームを言われないために ~クレームの発生原因と予防法を理解し、芽を摘んでおくことが必要です

2018/3/13  

日経ホームビルダーの最新号(2018年3月号)で、基礎のクラック(ひび割れ)対策の特集がありました。 基礎工事の不備によってクラックが発生してしまったことによるトラブルや、クラック発生防止のための対策 ...

不動産取引 建築

脱法シェアハウスを建築した業者の責任が否定された事例。ただし特殊な事例なので注意!

2018/1/27  

建築業者が違法建築に関与した場合には、民事上の損害賠償責任のみならず、行政上の責任(許認可に関する処分など)や刑事責任をも負うことになります。 少なくとも民事上の損害賠償責任については、まず免れること ...

建築

【建築紛争】基礎杭の一部が支持層に到達していなかったことにつき、下請業者・孫請業者の責任が認められた事例

2017/12/4  

横浜市のマンション工事で施工不良や杭データの偽装が発覚するなど、ここ数年、杭工事の瑕疵に関する問題が話題になっています。 基礎の杭は全て支持層(建物を支えるだけの十分な強度を持った地層)に達していなけ ...

不動産取引 建築

住宅建築市場の今後  建築実務セミナーに行ってみた

2017/10/26  

10月25日に開催された、日経アーキテクチュア主催の建築実務セミナー「仕事が取れる 設計者のための”不動産”特別講義」に行ってきました。 主に設計者向けのセミナーなので参加者のほとんどが建築士だったよ ...

建築

自宅の建設工事の振動で隣家に損害を与えた場合の責任

2017/10/19  

建物の新築工事や解体工事に際しては、騒音や粉じんの問題もさることながら、振動による被害の問題も無視できません。 地盤改良工事で地面を掘削したり杭を打ち込んだりする場合であったり、コンクリート造の建物な ...

不動産取引 建築

敷地の二重使用問題とは? ~ある日あなたのマンションが違反建築物に!

2017/4/29  

(※写真と記事は無関係です) 24日の産経新聞朝刊で、敷地の二重使用に関する事件の記事がありました。 東京都杉並区の大規模マンション敷地内に戸建て住宅が新築され、マンションが建築基準法の規定を満たさな ...

no image

不動産取引 建築

隣の家から我が家が丸見え?! 目隠しの設置義務について

2017/3/29  

隣の土地で新しい家の建築工事が始まっているが、その位置関係からすると、隣の家の2階の窓からうちの家のリビングが丸見えになりそうなので、窓に目隠しを設置するよう要求できないだろうか――という相談を受ける ...

Copyright© 関口法律事務所 , 2018 All Rights Reserved.